魚類 和風食材 茨城

口コミ 干物専門店矢口商店のツボダイ開き/サバ灰干し/アジ開き 旨みと塩加減が絶妙

投稿日:2012年6月6日 更新日:

ご縁があって、干物専門店矢口商店よりツボダイ開き/サバ灰干し/特大アジ開き《干物》をお試しさせていただきました✨✨


干物専門店矢口商店《老舗》から干物が届きました《わーい》

発泡スチロールの箱に入って冷凍で届きます。 矢口商店は、五代続く干物の老舗で「丁寧な仕事」が評判の茨城県の干物専門店です。ネット通販は最近再開されたとのこと。 確かに、丁寧な仕事っぷりが伝わるきれいな干物達に焼く前からテンション上がってしまっています。

こちらは、焼く前のサバですが。

干物なのにイキイキしていてきれいなんです。干物なのにレア感がある。


矢口商店のツボダイの干物食べてみた感想

ツボダイです。
イボダイ/エボダイは以前、他の干物屋さんから取り寄せたこともあったけど、こちらは《ツ》ボダイなんですね。鯛ってほんとたくさん種類があるんですね。 ツボダイについて少し調べると「市場に入荷することは稀」って書いてありました~。うほ~。高級魚!?

かなり立派。肉厚。 鯛独特のさっぱりとした、でも旨みのある味わいはそのままに、沸き上がってくるような脂に加えて。 この端っこのプルプル、コラーゲン??みたいな脂身??がまたうまい!!!

また塩加減が絶妙で上品。後を引きます。うまいなーーー✨✨✨

私は、干物の皮も好きです。ツボダイの皮はちょっと厚みがあってかたいので食べれませんでしたが、皮と身の間の脂身のところの旨みがハンパなくて、ガツガツしゃぶりついて食べてしまいました。《お行儀悪くてすみません》


矢口商店のあじの開き食べてみた感想

こちらはアジの開きです。 アジも旨みと塩加減のバランスがすばらしくて、とてもおいしかった。

アジって生で買って自分で調理して食べても実はあんまり好きな味じゃなかったりするので、積極的には食べない魚ひとつだったのですが。 でも、矢口商店に干物にしてもらえばこんな感動的においしい。アジという魚の認識まで変わってしまいました。


矢口商店のサバの灰干し食べてみた感想

こちらは、サバ。矢口商店では、サバとサンマは《灰干し》という方法で魚を干物にしていみたいですが。

【灰干しとは】火山灰と備長炭を使って通常の5倍の乾燥時間と手間をかけて干しあげる方法

うーん、ジューシー。脂がのりまくってる✨✨うまい。旨みがすごい。

ジューシーすぎて、もう干物だってことを忘れて、がっついて、旦那と取り合いをして食べましたよ。


矢口商店の干物はフライパンでも焼くのにちょうどいいサイズでした

私はフライパンで干物を焼きます。フライパン用ホイルを敷いて蓋を閉めて。グリルを汚さずに済むし、脂の多い魚ほどおいしさが増すような気がします。 矢口商店の干物は、どれも立派でしたが、ちょうどフライパンに入るサイズで扱いやすかったです。 おいしくいただきました~。干物最高!!



記事の内容についてのお願い

  • 情報は掲載時点のものです。商品の詳細《パッケージ/価格/セット内容その他》が変更になっている場合がありますので、販売サイトでご確認ください。

  • 味、食感等の感想は、あくまで私個人のものです。実際に食べた時に違う感想を持たれる方もいると思います。その点はご了承の上、購入は自己判断でお願い致します。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko/さっこ

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます。 レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強 ※インスタでお取り寄せ白書の更新情報がチェックできます。是非フォローお願いします。

-魚類, 和風食材, 茨城

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.