記事内に広告が含まれています

カレー 石川

口コミ 金澤ななほしカレー 優しい味わい体にも優しいカレー 金沢カレーの常識覆る

金澤ななほしカレー《冷凍》をテイクアウトしました。金澤ななほしカレーは、前から知っていていつか食べてみたいと思っていましたが。

お取り寄せ好きな私としては、愛読書《BRUTUS特別編集 増補改訂版 日本一の「お取り寄せ」を探せ》で紹介されているのを発見して、すぐにでも食べたくなって買いに走りました。店内は、カレーを楽しむたくさんのお客さんでにぎわっていましたよ✨✨

 金澤ななほしカレーのカレーセット《お取り寄せできます》

私が購入したのは、金澤ななほしカレーの定番の3種を味わえるカレーセットです。

  1. チキンカレー
  2. ビーフカレー
  3. 豆カレー

※ちなみに、ブルータスで紹介されていたのは、ビーフカレーです。

おうちでお店で食べるななほしカレーを再現

お店のこだわりの盛り付け方を真似しました。

お皿の真ん中にごはんをのせて、左右違う種類のカレーをかける。≪左がビーフカレー、右が豆カレーです≫ごはんの上には温泉たまごと薬味《ねぎ&大葉》をかけました✨✨カレー自体の味わいが繊細なので、薬味の味わいが際立ってくるのです。うーん、おうちで外食気分です。

 金沢カレーって何なの、っていう話

金澤ななほしカレーは《世界で一番金沢らしいカレー》ということですが。

いわゆる、ゴーゴーカレーやチャンピオンカレーのような・・・・ステンレスの皿に千切りキャベツ一緒に、ドロッとして少し濃いめのカレーを金沢カレー、金沢らしいカレーと呼ぶとすれば、金澤ななほしカレーは、全くの逆、対照的な位置にあるカレーと言っていいかもしれません。

ななほしカレーは、全ての味わいが《弱》に設定されています。本当に本当に優しい味わいです。故に好みはわかれるのかなーとも思います。良くも悪くも刺激が少ないです。

《弱》だからこそ繊細にじんわり感じるスパイシーさ。おそらく飽和状態だろうくらいまでスープに溶け込んでいる野菜やその他の食材の旨み。じんわりじんわりおいしさが広がっていきます。私は好きだなー。

 ななほしカレー《チキンカレー/ビーフカレー/豆カレー》食べてみた感想

ななほしカレーのカレーのベースになっているのは、ななほしカレーオリジナルの赤玉と緑玉というカレーペーストです。

  • 【チキンカレー】赤玉:緑玉は1:1の割合で使用
  • 【ビーフカレー】赤玉:緑玉は3:1の割合で使用
  • 【豆カレー】緑玉のみを使用

とのことです。

とにかく、いろんなものが入っているんだろうなぁと思いますが、赤玉は、トマトの味がするなー。

赤玉の割合が多いビーフカレーは、優しい味わいの中にトマトの味がきいていると思いました。

チキンカレーは、赤玉と緑玉が半々で、バランスが良くて、スパイシーさも一番際立って感じれるかなと思いました。

ビーフカレーは、天狗中田本店から仕入れた国産の牛すじ肉。チキンカレーは、同じく天狗中田本店から仕入れた国産鶏もも肉。《天狗中田本店は金沢人にとって定番お肉屋さん》と、素材もこだわっています。

 優しいカレー 低脂肪、低カロリーで消化にいいカレー

ガツンとしたカレーを求める方にとっては、物足りないと思われる方もいるかもですが、一般的なほとんどのカレーで使われているという《油/小麦粉/砂糖》を使用していないカレー・・・・・さっぱりした優しい味わいのカレーははまる人ははまるかも。

カレーの概念が覆る優しい優しいカレー。低脂肪、低カロリーで消化にいい、体にも優しいカレーです。

記事の内容についてのお願い

情報は掲載時点のものです。商品の詳細《パッケージ/価格/セット内容その他》が変更になっている場合がありますので、販売サイトでご確認ください。

味、食感等の感想は、あくまで私個人のものです。実際に食べた時に違う感想を持たれる方もいると思います。その点はご了承の上、購入は自己判断でお願い致します。

  • この記事を書いた人

sakko/さっこ

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。お取り寄せが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます。 レビュー記事数は、500以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強 ※インスタでもたくさんのお取り寄せを紹介しています。是非フォローお願いします。

-カレー, 石川