チョコレート 焼き菓子 東京

口コミ ベルンのミルフィユ 口どけのよいチョコにサクサクパイ≪手土産≫

投稿日:

ベルンのミルフィユをお取り寄せしました✨✨


老舗洋菓子店ベルン ミルフィユはベルンが元祖

  • ベルンは1948年明治食品工業株式会社という名前の洋菓子店として製造販売をスタート その後1962年にベルンに社名を変更【老舗洋菓子店です】
  • ベルンの公式サイトはない【2021年現在】
  • お取り寄せは、百貨店通販サイトもしくは、羽田空港がやっている通販サイトがおすすめ
  • ベルンの看板商品であるミルフィユが誕生したのは、1965年
  • クリームを挟んだパイ生地にチョコレートがかかったお菓子《ミルフィユ》は今では、いろんな洋菓子店で取り扱いがあったりするが、日本で初めて考案&販売したのはベルン【元祖はベルン】
  • 多くの人に愛されるミルフィユは贈り物としても人気

ベルンのミルフィユを三越伊勢丹オンラインストアからお取り寄せしてみた

私は、ベルンのミルフィユは今回は三越伊勢丹オンラインストアで購入しました。一緒にジョリクールも同梱しました✨✨


旧パッケージの時からベルンのミルフィユ好きでした

2015年からデザインが新しくなりました。 10個入りを買いました。

1988年から使われていたこちらのデザインの時からベルンのミルフィユが大好きです。《新デザインも旧デザインかすみ草をモチーフにしたデザイン》


ベルンのミルフィユはおいしい【感想/レビュー】

ミルフィユの味は3種類。

  1. スイートチョコレート
  2. ミルクチョコレート
  3. ヘーゼルナッツチョコレート

とても口どけのよいチョコレート故に、長く手で持っているとチョコレートが溶けて手についてしまいます。

このような感じで包装が破れるようになっているので、スマートに食べることができて便利です。

口どけのよいチョコレートに包まれた中身は、サクサクのパイ生地。とても薄く何層にもなっています。その層は、かたすぎず、やわらかすぎず、非常に繊細なバランスで保たれている。口の中で、サクサクサクサクとパイ生地が崩れ、同時にチョコも溶け、生クリームも出てくる。このバランスがすばらしい。ミルフィユというお菓子自体が大好きなので、他のメーカーミルフィユも食べますが、やっぱりベルンのこの感じがベーシックだと感じてしまう。どうしても比較してしまいますね。

私は、キリッとしたチョコレートの風味が特徴のスイートチョコレートが一番好みだったりします。ヘーゼルナッツチョコレートとミルクチョコレートは、角のな優しい甘み特徴でそれはそれでおいしいのですが。



記事の内容についてのお願い

  • 情報は掲載時点のものです。商品の詳細《パッケージ/価格/セット内容その他》が変更になっている場合がありますので、販売サイトでご確認ください。

  • 味、食感等の感想は、あくまで私個人のものです。実際に食べた時に違う感想を持たれる方もいると思います。その点はご了承の上、購入は自己判断でお願い致します。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます。 レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強 ※インスタでお取り寄せ白書の更新情報がチェックできます。是非フォローお願いします。

-チョコレート, 焼き菓子, 東京

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.