ハントン風ライス(小)を注文しました

石川

金沢ご当地グルメ グリルオーツカのハントン風ライスの感想 パンチあり

投稿日:2015年4月15日 更新日:

兼六園にお花見に行った帰りに、木倉町にあるグリルオーツカハントン風ライスを食べに行きました。

ハントンライスは金沢のご当地グルメ

ハントンライスは、金沢のご当地グルメ(B級グルメ)として、けっこう有名だったりしますが・・・・・。残念ながら、金沢で育った私の青春時代にも、おばちゃんになってからもハントンライスはあまり登場しません。

というわけで今さらなんですが、金沢人の私もハントンライスを食べてみることに。金沢でハントンライスと言えばココと、旦那も私も意見が一致したグリルオーツカに行ってみることに。古くから金沢で愛されているお店です。(私達は初めて行きました。)


木倉町は勝手に「夜ごはん」のイメージを持っていたが・・・・・

グリルオーツカは、ひっそりと木倉町にあります。

グリルオーツカは昭和の雰囲気漂うハントンライスの老舗

木倉町通りと言えば、何となく「夜」のイメージだったんですが。
通り自体はひっそりしてたけど、中は非常ににぎわってました。私の予想では、県内の人観光の人、ハーフ&ハーフって感じ。グリルオーツカは、昭和の雰囲気のままそこにありました。


ハントン風ライスってこんなもの

メニューを見ると、ハントン風ライス以外にもおいしそうなものがたくさんあって迷いましたが、やっぱりハントン風ライス食べとかなくてはと地元の人らしくないことを思って注文。

ハントン風ライス(小)を注文しました

店員さんが、ハントン風ライスは量が多めなので女性の方は「小」がいいかもとおすすめしてくれたので「小」にしておきました。「小」は50円安い。(うん、小で正解でした、ゲフッ。)

全体的にケチャップの味(酸味)が強い

銀の皿にケチャップライス、上に厚いとも薄いとも、よく焼いてあるとも半熟とも言いがたいたまご焼き、たまごに埋もれるような形で魚のフライに、海老のフライ。それ以上でもそれ以下でもないのが、ハントンライス。オムライスではなくハントンライス。

魚は鰆かなぁ。 白身魚というともっとやわらかいものを想像していましたが、脂身が少なくて、固めの食感でした。海老も小さめのもので、食感は固めに合わせてある模様。 そもそもハントンライスの「トン」はマグロの意味なので、マグロのフライをのせるのが本来正しいのかもしれませんが、魚が何なのかはその店によるような気がしますが・・・・・。


ケチャップの酸味が勝利 白いソースは不思議な味

上には、ケチャップとホワイトソース(みたいなもの)がかかり、ケチャップ(赤)ホワイトソース(白)たまご(黄色)のコントラストが食欲を刺激するように思います。本来ハントンライスと言えば、ケチャップと「タルタルソース」をかけるのがベタなんですが、この白いソース、タルタルソースのような酸味や個性はなくて、薄味だったので、「ホワイトソース(みたいなもの)」と表現させていただきました。 グリルオーツカのハントン風ライスは、全体的にケチャップの味ががっつり効いていて酸味が強く、パンチがあります。ホワイトソース(みたいなもの)は、ケチャップと比較すると印象が薄めで、酸味を中和させる役割があると思います。 うーん、他のメニューも気になるなぁ・・・・。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-石川

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.