半熟具合がたまらんな

石川

東山(東茶屋街)ちょう吉のランチ限定親子丼の感想 半熟具合が職人技

投稿日:2015年3月27日 更新日:

春らしい日が続いています。 散歩がてら、旦那と東茶屋街へ。お昼は、ちょう吉のお昼(ランチ)限定の親子丼をいただきました❤
ちょう吉は、東茶屋街のほど近くにあります。メインの通りからは少し川側にずれている感じの位置です。

夜は、焼き鳥がメインの居酒屋さんのようです。お昼は、親子丼がメイン。親子丼のあまりのおいしさに私も旦那もはまってしまい、2日連続で伺いました。


ちょう吉の親子丼ランチ お味噌汁とお漬物がついてきます

親子丼にお味噌汁、お漬け物、シンプルな内容です。これで800円。

親子丼、お味噌汁、お漬物・・・・・シンプルです

1日目、12時半頃かなぁ、に行くとけっこう混んでいました。とりあえず、カウンターに案内されて座っていると、お茶が出てきて、オーダーしてないけど(汗)しばらくすると、親子丼が出てきました。何も言わなければ親子丼ってことみたいです。

2日目は、混みあっている時間を避けたくて、オープンと同時に入りました。親子丼は、どうもプラス100円で大盛りもできるようで、旦那だけ大盛りにしてもらいました。お酒を注文している方もいらっしゃいました。全く親子丼オンリーってわけでもないようですね。


親子丼の半熟加減がすばらしすぎます!!

もうとにかく、親子丼の半熟ぶりにやられました。
1日目も2日目も寸分の狂いもないのたまごの固まり具合に脱帽。職人技ですな。

半熟具合がたまらんな

優しいおだしの味、ねぎのほどよい風味に鶏肉の旨みと、炭で焼いた香ばしさ。一気に口の中に広がります。
う、うまい!!!!

優しいおだしの甘みと、炭で焼いた鶏肉の香ばしさが余韻として強く残ります。これがまた食べたくなる、後を引く味でして・・・・・。すいすいと胃の中におさまってゆきます。


半熟だけど、つゆだくって感じではない

真ん中の部分、たまごは、泡立っていて言わば液体の状態。

つゆだくではないのである

故に、必然的につゆだくのような状態になるのかなと思いきや、食べ進めるにつれてつゆだくとは違う。ごはんもふやけたりせず、食感を残したまま、すごくいいバランスのままで食べ終えることになります。

お味噌汁、お漬け物も、非常に薄味で、親子丼の繊細なおいしさの邪魔をしません。 うーん、これは800円にしてかなり贅沢な食べ物。また、絶対食べに行くと思います。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-石川

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.