梅としその風味がプラスされることで

調味料・油・ドレッシング 和歌山

プラム食品のだしの梅(梅ぽん酢)の感想 プラス猿梅のまろやかで贅沢なたれ

投稿日:2015年5月12日 更新日:

お気に入りの松野醤油の柚子ぽんず醤油が切れたので、猿梅に売っていただしの梅(梅ぽん酢)に浮気してみることにしました。猿梅で、最近、超お気に入りのつぶれ梅をストックを買い足すついでがあったので一緒に送ってもらうことにしました~。



だしの梅(梅ぽん酢)は、和歌山の梅加工食品を得意とする老舗「プラム食品」が製造販売しています

だしの梅(梅ぽん酢)は、和歌山県上冨田にあるプラム食品が作ったぽん酢です。プラム食品は、創業昭和44年の老舗で梅の加工食品が得意な会社です。(猿梅のオリジナルではないのですね。)

梅としその風味がプラスされることで

ぽん酢の酢の酸っぱさって少し苦手なのですが、梅の酸っぱさとしその風味がプラスされることによって、私的には非常に食べやすくなります。梅の風味のぽん酢って珍しいですよね。


そのままだと少し醤油の味が強く感じるぽん酢です

とりあえず、味見がてら、豆腐にかけてみます。

うーん、松野醤油の柚子ぽんず醤油と比較するせいもあるんでしょうが、少し醤油の味が強く感じられました。ホームページにも「少し濃い目に作っているので、お鍋のダシで薄まっても、 しっかりと風味豊かに味わえます。」とありますもんね、わざと少し濃いめに作ってあるようです。

次は、鶏皮としめじをゆでたものをだしの梅(梅ぽん酢)を使って和え物にしました。

確かに、食材の旨みで中和されて味がちょうどよくなりました。ほのかに、梅としそが香ってグッド。豆腐などにそのままかけるときは、ごま油で薄めたりするのが好きかもです。


梅ぽん酢+猿梅のまろやか(梅肉)が最強かな

そしてやっぱり。 梅ぽん酢+猿梅のまろやか。これってば最強ですな。

これ、いろいろアレンジ効くと思うんですが、お気に入りは、「焼き肉のたれにする」です。

先にも書いたようにそのままでは、ちょっとぽん酢自体濃いめです。梅肉を入れることでさらに味が強くなるので、少し水を足して薄めて使っています。その方が梅としその風味もより表に出てくる感じがするので個人的には好きです。こってりの肉にこってりのたれの焼き肉はきつい年代になってきました(汗)これなら肉たくさん食べれそう❤暑い日にもさっぱりとして、いいですね。




  • だしの梅を大手ショッピングモールで探す
posted with カエレバ



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-調味料・油・ドレッシング, 和歌山

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.