おいしっくすくらぶ体験記 ドライフルーツ/干し芋/焼き芋 千葉

川越屋の黒糖バナナチップスの感想 キャベンディッシュ種のバナナ使用 サクサク

投稿日:2014年11月8日 更新日:

おいしっくすくらぶのプレゼントで無料でお試しさせていただいた黒糖バナナチップがあまりにおいしくて、その後、どっぷりバナナチップスにはまりました。最近、バナナチップスばっかり食べています。コンビニやスーパーでいろいろなメーカーが出しているのを買ってバナナチップスを食べ比べてみたんですが、どうも、おいしっくすのバナナチップスは違うぞ!!!という結論にたどり着きました。

千葉の川越屋が販売元です


おいしっくすのバナナチップスは、千葉県の川越屋というお店が販売元

おいしっくす経由になっているだけで、販売元は千葉県の川越屋というピーナッツとかのおつまみ系のお菓子を得意とするお店です。おいしっくす以外では、アマゾンでも買うことができますよん❤


サクサク感がおいしいバナナチップ 生食用キャベンディッシュ種のバナナを使っているから

いやぁ、こんなにおいしいバナナチップスは初めて食べましたってば。何が違うかというとサクサク感とやわらかさと軽さが違います。バナナチップスは固いイメージがあったので食べてびっくりしました。久しくバナナチップスは食べてなかったので、バナナチップスの常識がここ10年くらいの間に覆ったのかと思い焦りましたもん。いろんなメーカーのものに手を出してみましたが、厚切りのものは固く、薄切りのものはパリッとはしているけど、サクサク感はないのですよね。

サクサク感が他のバナナチップとは違う!!

そのサクサク感の答えは、キャベンディッシュ種(生食用)のバナナを使っているというところにあるみたいです。 おいしっくすのホームページでは、「通常のバナナチップは、加熱して食べるタイプのサバ種という品種を使用していますが、この商品は生食用のキャベンディッシュ種という品種を使用しているのでサクサクとソフトな食感をお楽しみいただける」と説明があります。(キャベンディッシュって、バナナの品種だったんですね、私ってばあるマンガのキャラクターのイメージしかなくて・・・・キャベンディッシュ=キャベツではなくてバナナなんですね。)


私は、ノーマルバナナチップより黒糖バナナチップの方が好き

先週のおいしっくす便は、ノーマルバナナチップスと黒糖バナナチップス両方買って食べ比べしてみました。

どっちもおいしかったけど、私はやっぱり黒糖派やなぁ。軽い食感に対して、深みとコクのある甘さが後を引きますね。

おいしっくすの食材は、ただでさえお気に入りのものがたくさんあるのに、またおいしっくすで買いたいと思うものが増えてしまった。やっぱり少々お高くついてもおいしっくすくらぶはやめられない~と思う今日この頃です。






キャベンディッシュ種のバナナチップスをAmazon・楽天・ヤフーショッピングで探す




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-おいしっくすくらぶ体験記, ドライフルーツ/干し芋/焼き芋, 千葉
-

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.