初めて食べた!羽根つきたい焼き!!

石川

金沢 FUKAZAWA/ふかざわのたい焼きの感想 羽根つきたい焼き

投稿日:2014年3月26日 更新日:

旦那がおいしいたい焼きを食べたいと言うので、金沢で評判のいいたい焼き屋さんをネットで検索したところ、FUKAZAWA(ふかざわ)にたどり着きました~❤

金沢のたい焼き屋さんFUKAZAWA(ふかざわ)は創業100年のあんこ屋さん「深澤製餡」が運営

FUKAZAWAは、2012年にオープン。
見た目も新しくきれいな建物でした。これってたい焼き屋さんなの??って思うほど小ぎれいで、洋風。カフェっぽいので中で食べれるのかなと思ったけど、イートインスペースはなしです。外にベンチと自販機があります。(いやぁ、この自販機儲かってるだろうなぁ)

FUKAZAWAってば、歴史をたどると創業100年のあんこ屋さん「深澤製餡」が運営しているんだそうですね。なるほど~。あんこ屋さんの作るたい焼きですか、こりゃあ、期待できそうですな。


今流行りの(?)羽根つきたい焼きです

初めて食べました、羽つきたい焼き!!

初めて食べた!羽根つきたい焼き!!

ちなみに、この鯛の形からはみ出た部分は「バリ」という名前があるみたいです。なので、このような状態のたい焼きはバリ付きたい焼きと呼ばれることもあります。

鯛の形をしているから鯛焼きであって・・・・昔はこんな四角形のたい焼きなんてなかったような気がするんですがね。 普通はバリははさみで切るらしいですが、今はあえて切ってないお店も多いんだそうですよ~。


バリ、うまいぞ!!今まで捨てていたと思うともったいなさすぎ!!

バリはカリカリとして、今までたい焼きで味わったことのない食感を味わえます。優しい甘さと香ばしさが後を引きます。
皮は、どちらかというと薄皮の部類に入るかな。バリの延長でカリッと感を大切にしながら、もっちりしっとり感もちゃんとあります。


FUKAZAWAのたい焼きはあんこが主役

う~ん。さすが、老舗あんこ屋さんの作るたい焼き・・・・・いやぁ、おいしいあんこで参りました~。

非常に上品でおいしい粒あんでしたよ

とっても優しい甘さで豆としての小豆の風味がしっかり鼻を上ってきます。

あんこは、あえてたっぷりではないようですね。 せっかくのこの上品さを崩さないバランスのちょうどいい量のあんこが入っています。絶妙です。


お家に帰って冷めたたい焼きを温めていただく

粒あんは、せっかくなので買ってすぐに、お店の外にあるベンチでいただきました。
後のカスタードとこしあんは、お家に帰ってから、温めて食べました。

レンジ+オーブントースターで温めるのがいいです

少し手間でもレンジで軽く温めてから、オーブントースターでも表面がカリッとするようにちゃんと温める・・・・・2段階で温めるとおいしいです。焼きたてを復元できる。

こしあんもクリームも上品ですな

こしあんも上品だなぁ❤きめ細かい食感でおいしいです。
カスタードも、 この深澤製餡のあんこがカスタードだったら、どんな甘さ、食感というのを絶妙に合わせてあるような上品な感じでしたよ。

おいしかったです。今回は、白あんがなかったので残念。今度は白あん狙いで行きたいですな。差し入れとかにも使えそ❤




  • FUKAZAWA(ふかざわ)は閉店してしまったようです(涙)
住所 石川県金沢市芳斉2-10-5
電話 076-221-0678
営業時間/11:00~14:00、15:00~18:00
休/日曜、祝日、他不定休
P/4台



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-石川
-

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.