Home > お取り寄せドリンク | お土産/地方名産/ご当地グルメ | コーヒー | 大阪 > 【MUC(マック)カフェスタジオ ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆)】コーヒー通の方に、上質な酸味を楽しむコーヒー

【MUC(マック)カフェスタジオ ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆)】コーヒー通の方に、上質な酸味を楽しむコーヒー

ご縁があって、Macカフェスタジオラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆)をお試しさせていただきました(*^^*)

ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆です~)

コーヒーが好きで今までいろんなお店でコーヒーを飲んだり、買ったりしましたが、Macカフェスタジオは今まで利用したコーヒーのお店の中でずば抜けて「コーヒー通向け」のお店だったかと思います。

特に今回お試しさせていただいたゲイシャ種なんて、なかなか取り扱っているお店自体少ないようなコーヒーだし・・・・・。他にもMacカフェスタジオのラインナップをぐるりと見渡せば、スペシャリティコーヒー、カップオブエクセレンス、その他賞をとったコーヒー・・・・・・・コーヒー好きにとっては、興味をそそられるものばかり。

コーヒーはもちろん味が大切ですが、どこの国で採れたコーヒーなのか、ストレートなのかブレンドなのか、焙煎の具合は浅めなのか深めなのか・・・・・・・なんて、予備知識を持って飲んだ方がよりおもしろいし、おいしく感じられるものだと思います。
今回いただいたゲイシャ種なんていうのは、特に~。

ゲイシャ種は粒が大きく、細長い外観をしている

ゲイシャ種(Geisha)とは・・・・・・もともとは、エチオピアが起源の野生種。今では、いろいろな国で栽培されています。2004年、パナマの国際オークションでラ・エスメラルダ農園が出品したゲイシャ種のコーヒーが、最高落札価格を記録したことに始まり、年々、その品質の高さが大きく世界に認められることになり、今では日本でもすごく人気がありますね。「ゲイシャ」という名前自体が、ブランドのようになり、ファンも増え、もちろん需要も増えました。しかし、ゲイシャ種というのは、とっても生産性の低いコーヒーの品種みたいなんですね(涙)生産性が悪くただでさえ希少なゲイシャですが、近年のゲイシャブーム(ゲイシャの需要が増える)もあって、さらに希少なコーヒー豆として、とっても高値で取引されているのがゲイシャの現状みたいです~。

偉そうなことを言って、私もゲイシャ種は初体験だったんですが(汗)
こりゃあ、酸味を楽しむコーヒーですなぁ。

私はもともとコーヒーの酸味は苦手で、避ける傾向にあったので、本当の意味で酸味を楽しんでおいしくコーヒーを飲んだっていうのは今回が初めてだったのかもと思います。

この香りはすばらしいとしか言いようがないです~

まず、香り。
とってもいい香り。花のように甘い香りでずっと嗅いでいたくなる癒される香り、いやぁ、すばらしいの一言です。

一口目、浅煎り独特の香ばしい香りが鼻を通ってゆく。うん、マイルド。
その後にすぐ厚みのある酸味。しっかりと揺るぎない味わい、酸味なんですが、重たくは感じない・・・・・・・・酸味の中に甘さをしっかりと感じるからか、明るいです。上質な酸味。

冷めても、酸味の質感は変わらず、ごくごく入っていきます。 酸味の強いコーヒーは、冷めると、酸味が気持ち悪い感じに表に出て、胃が痛くなってくるようなことがあるんですが、これは違う!!!

さすが、ラ・エスメラルダ、おそるべし。
酸味=苦手で10年以上生きている私にとってはちょっと衝撃なおいしい酸味でした。

後日、ゲイシャ好き(芸者好きじゃないですよん)のお友達にラ・エスメラルダ・ゲイシャをふるまってみたんですが・・・・・・・・。 「もう少し焙煎の具合を浅煎りにしても、もっとゲイシャらしさが出るかもなぁ」って言っていました。 私は、今回おすすめで焼いてもらったハイローストくらいでちょうどいいくらいかなぁとも思ったんですが、これ以上酸味が強くなってもなぁとも思うんで~。
もちろん、コーヒーの好みは人によって違うし、コーヒーが好きな人、飲み慣れている人ほど、「もう少し浅ければ」「もう少し深ければ」という要望も出てくるもの。Macカフェスタジオなら、その要望、わがままもすんなり聞いてくれちゃうんですよねぇ・・・・・(焙煎度合が、シナモン・ローストからイタリアン・ローストまで7段階から選べます~。もちろん、そんなこと言われてもわからないという方も多いと思うんです~・・・・・・Macカフェスタジオ(プロ)のおすすめもちゃんと表記してあるので、初心者でも選びやすいです~。)

ちなみに、ゲイシャ種の栽培が盛んな国に、(パナマ以外だと)マラウィもありますが、パナマのゲイシャは、浅煎りに焙煎をし、酸味を楽しむものが多い一方、マラウィのゲイシャは、深煎りに焙煎して提供しているお店が多いみたいですね~。(今回のパナマのラ・エスメラルダ・ゲイシャも深煎りにしたら、どんな味わいになるのかも気になるにゃあ~)

やっぱり通向けのコーヒー屋さんだわ~

焙煎日がしっかり表記されているのもやっぱり、通向けだと思う・・・・・・。

個人的には、コロンビアが好きなので、今度はコロンビアを注文してみたくなっちゃいました~。後、キューバのコーヒーって珍しい!!気になる~。

MUC(マック)カフェスタジオ ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆) お取り寄せ・通販情報

【MUC(マック)カフェスタジオ ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆)】コーヒー通の方に、上質な酸味を楽しむコーヒー関連エントリー

  • お取り寄せ白書では、お取り寄せ・通販が大好きな管理人sakko*が、実際に注文し、食べて、飲んで、写真を撮って・・・・素直な感想をアップしています。 感想はあくまで私個人のもの。実際に食べた時、飲んだ時には、違う感想を持たれる方もいらっしゃると思います。その点はご了承ください。

  • にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ 人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加中です。お取り寄せ白書が気に入っていただけたら・・・・記事が役に立ったと思っていただけたなら、ポチリ★応援お願いします。

コメント(この商品に対するお取り寄せ口コミ情報や、このブログの感想、sakko*(管理人)にメッセージなどお気軽に書きこんでくださいね):0

Comment Form
Remember personal info

Home > お取り寄せドリンク | お土産/地方名産/ご当地グルメ | コーヒー | 大阪 > 【MUC(マック)カフェスタジオ ラ・エスメラルダ・ゲイシャ(パナマのラ・エスメラルダ農園のゲイシャ種のコーヒー豆)】コーヒー通の方に、上質な酸味を楽しむコーヒー

Search
【お取り寄せ白書】管理人自己紹介

管理人のsakko*で~す

【管理人】sakko*(さっこ)
1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。コーヒー屋さんでパートをしながら、お取り寄せの日々。レビュー記事は1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。どうぞ、ごゆっくり。

もっと詳しく・・・・私について・このブログについて、受賞歴などはこちら

Feeds
Meta
おすすめ
specialthanks&訪問ありがとう
楽天市場のおすすめ

Return to page top