お取り寄せドリンク お土産/ご当地グルメ 食べ歩き・テイクアウト コーヒー 沖縄 沖縄

沖縄【35COFFEE(サンゴコーヒー) コーヒー豆(ミディアムローストブレンド)】サンゴ焙煎で雑味のない味を実現・・・・

投稿日:

4月中旬、沖縄旅行。
首里城散策の後、ゆいレール首里駅にあったコーヒースタンド、35COFFEE(サンゴコーヒー/スリーファイブコーヒー)にてコーヒー豆をお土産に買って帰りました。

35COFFEE(サンゴコーヒー)沖縄サンゴ焙煎コーヒー 〔アイランドブレンド〕

沖縄サンゴ焙煎コーヒー 〔アイランドブレンド〕ミディアムローストタイプです。

コーヒー好きなので、35COFFEE(サンゴコーヒー)のことは、前もって調べていて、サンゴ焙煎というのが気になって、沖縄で絶対飲みたいと思っていたんですが、想像よりかなり小さなコーヒースタンドでして(汗)持ち帰りオンリーっていう感じだったので、(そこでコーヒーを飲むんじゃなくて)コーヒー豆を買うことにしました。

コーヒー豆は、ミディアムロースト(ブレンド)とハードロースト(ブレンド)の2種類だそうで、店員さんから・・・・・・

  • ミディアムロースト・・・・・ブラックで飲む人におすすめ
  • ハードロースト・・・・・カフェオレで飲む場合、アイスコーヒーにする場合、おすすめ

と説明があり、ブラックが好きなので素直にミディアムローストにしました。

すでに挽いた状態で200gずつパックされているタイプしかありません。

35COFFEEの名前の由来は、35=珊瑚だと思います。
サンゴ焙煎は、石焼焙煎に似ているそうで、「高温でじっくり」焼くことができ、そう焼くことで、まろやかで雑味のないコーヒーができるんだそうです。サンゴは、(風化したサンゴも含めて)沖縄県の漁業法で沖縄以外の県には持ち出し禁止なので、沖縄ならではのコーヒということになりますね。しかも、風化したサンゴを使うことは、エコでもあるみたいなんですなぁ・・・・・・詳しいことはよくわかりませんが・・・・・・・。

ミディアムローストのブレンドです~

早速、お家に帰ってコーヒーいれてみます。

あまり豆が膨らまないけど、挽き置きやし、仕方ないか。(お湯を注ぐ、蒸らしの時に豆が膨らむのは豆が新鮮な証拠)

ブラジル、コロンビア、インドネシアのブレンド。 うん、無難に飲みやすそうな感じっすね。

確かにクリアー

なるほど~。確かにクリアーでまろやか。
第一印象は、少し物足りないくらいに感じましたが、飲み進め、温度も下がってくると、徐々に個性が出てきた。飲み込む前に、少しだけ感じる酸味と、意外に後に残る苦み・・・・・・うんうん、けっこう好きな味で満足。

旦那にもいれてあげたら、「飲みやすい!!」と言って2杯目をおねだりされてしまいました。いつもは、砂糖&ミルクをいれる旦那もブラックで飲んでました~。200g・・・・・多いかなと思ったけど、あっという間になくなっちゃいました。

35COFFEE(サンゴコーヒー/スリーファイブコーヒー) お取り寄せ・通販情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-お取り寄せドリンク, お土産/ご当地グルメ, 食べ歩き・テイクアウト, コーヒー, 沖縄, 沖縄

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.