Home > お取り寄せスイーツ(和菓子) | お土産/地方名産/ご当地グルメ | ゼリー・あんみつ | 京都 | 京都 | 食べ歩き・テイクアウト > 京都【亀廣永 したたり】ホロリとした食感と黒糖の風味が上品

京都【亀廣永 したたり】ホロリとした食感と黒糖の風味が上品

旦那の会社の方に教わったおいしい京都みやげ(和菓子)^o^
亀廣永(かめひろなが)のしたたり。場所的に、今まで何度も前を通っていただろうにスルーしてたな(汗)もったいないことしてたなぁ。

したたり(1本1050円)を、会社の方におみやげ用と自宅用に(自分へ)と、計2本購入。

亀廣永のしたたりをおみやげに買って返帰りました~

羊羹が入っているような銀の袋に入っているんですが、触り心地がぶよぶよとやわらかくて違和感。(羊羹が入ってる時は、固いからね)

実際、食べてみると、羊羹でもゼリーでもない・・・・・中間くらいの固さかなぁ・・・・・・・ちょっとゼリー寄りか。

銀の袋がぶよぶよでちょっと違和感・・・・・・

黒糖の味わいが濃厚だけど、嫌みではなく上品にまとまっている。黒糖味オンリーな食べ物がここまで爽やかに仕上がっているのも不思議な感じがするくらいです。

ほろりほろりと口の中で儚く崩れゆくも、寒天の食感はしっかり、これまた不思議に上品な食感。そして、表面の黒糖味の甘い、きれいな色の液体が・・・・・・名前の通り喉に滴るのであ~る。

黒糖味がここまで爽やかに仕上がっているっていうのも・・・・・・

う~ん、おいしかったです。
黒糖を寒天で固めたベタなお菓子である、と同時にここでしか味わえない珍しいお菓子でもあったなぁと思いました。

亀廣永 したたり 食べ歩き情報

住所:京都府京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359
TEL:075-221-5965
営業時間:[月~土] 9:00~18:00
定休日:日・祝日

京都【亀廣永 したたり】ホロリとした食感と黒糖の風味が上品関連エントリー

  • お取り寄せ白書では、お取り寄せ・通販が大好きな管理人sakko*が、実際に注文し、食べて、飲んで、写真を撮って・・・・素直な感想をアップしています。 感想はあくまで私個人のもの。実際に食べた時、飲んだ時には、違う感想を持たれる方もいらっしゃると思います。その点はご了承ください。

  • にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ 人気ブログランキングへ  ブログランキングに参加中です。お取り寄せ白書が気に入っていただけたら・・・・記事が役に立ったと思っていただけたなら、ポチリ★応援お願いします。

コメント(この商品に対するお取り寄せ口コミ情報や、このブログの感想、sakko*(管理人)にメッセージなどお気軽に書きこんでくださいね):2

老舗旅人@京都 13-07-17 (水) 23:05

亀末廣さんからのれん分けしたお店を調べておりました。
亀廣永さんのしたたり気になります!^^
羊羹でもゼリーでもない・・・・・中間くらいの固さ・・・、体感してみたいですね♪

sakko* 13-07-19 (金) 21:02

老舗旅人@京都さん、コメントありがとうございます。
確かに、京都の和菓子屋さんって「亀」が付く名前のお店が多いですよねぇ。のれん分けとかあるんですね。なるほど、勉強になります。
したたりおいしいです。是非、味わってみてくださいね。

Comment Form
Remember personal info

トラックバック:0

Trackback URL for this entry
http://dimple-review.info/002279.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
京都【亀廣永 したたり】ホロリとした食感と黒糖の風味が上品 from お取り寄せ白書 | お取り寄せ 通販レビュー口コミブログ

Home > お取り寄せスイーツ(和菓子) | お土産/地方名産/ご当地グルメ | ゼリー・あんみつ | 京都 | 京都 | 食べ歩き・テイクアウト > 京都【亀廣永 したたり】ホロリとした食感と黒糖の風味が上品

Search
【お取り寄せ白書】管理人自己紹介

管理人のsakko*で~す

【管理人】sakko*(さっこ)
1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。コーヒー屋さんでパートをしながら、お取り寄せの日々。レビュー記事は1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。どうぞ、ごゆっくり。

もっと詳しく・・・・私について・このブログについて、受賞歴などはこちら

Feeds
Meta
おすすめ
specialthanks&訪問ありがとう
楽天市場のおすすめ

Return to page top