お取り寄せスイーツ/和菓子 お土産/ご当地グルメ 食べ歩き・テイクアウト その他和菓子 石川 石川

金沢にし茶屋街【甘納豆かわむら 甘納豆】ひよこ豆、大浜の緑豆それぞれの個性を・・・・

投稿日:2011年9月2日 更新日:

金沢に以前住んでいた友達に、金沢土産を探していて(JR金沢駅にある)百番街や百貨店で買えちゃうものじゃあ面白くないなぁということで、西茶屋街の甘納豆かわむらまで足をのばしました。
甘納豆かわむらは、金沢にしかなく、また金沢でもここ、西茶屋街にしか店舗がなく、ホームページもなく(汗)2011年夏現在。
でも、有名だよね・・・・人気もあるし。

にし茶屋街の甘納豆かわむらへ行ってきました

私が甘納豆かわむらを訪れたのは、くそ蒸し暑い平日の夕方で西茶屋街も閑散としていました。ゆっくり選べそうだわんとかわむらの中に入ったところ、ぎっしり人がいてびっくり。たまたまなのかなぁ??

かわいらしいパッケージと、たくさんの種類の甘納豆に目がちかちか。う~ん、こりゃあ迷う!!どれを買っていいかわからん!!
とりあえず、店員さんに相談にのってもらいながら、ひよこ豆と大浜の緑豆(石川県の珠洲でとれた緑豆)に決定。ちゃっかり、友達へのお土産用と同じものを自分にも購入。

ひよこ豆の甘納豆

ひよこ豆の甘納豆。

大浜の緑豆

大浜の緑豆(二三味さんの豆、多分あの二三味さんと関係ある、親戚???)

甘納豆のイメージを覆す・・・・・

甘納豆と言うと、じゃりじゃりな砂糖が表面についている極甘なお菓子がすぐに思い浮かびますが・・・・・かわむらの甘納豆は、じゃりじゃりな砂糖はついてなく、豆を甘く煮た煮物、あ、お正月に食べる黒豆的な・・・・・が一番表現としては正しいかな?
でも、あくまで煮物=おかずではなくお菓子。
優しい甘さの中に、豆自体の素朴な風味がイキイキと主張してきます。ひよこ豆と大浜の緑豆・・・・・同じ甘納豆と言っても、味わいも食感も全く違う別々のものだわん。ひよこ豆が、ほっこりとした食感なのに対して、大浜の緑豆はムチッとしています。後味の余韻もそれぞれ。私は大浜の緑豆のいい意味で豆臭さの残る感じがすごく気に入ってしまったのでありました。

もう少しアップに、よってみます

こうやって、繊細な豆の風味の違いを楽しみながらいただくことがかわむらの甘納豆の醍醐味。

うん、わざわざ買いに行った価値はあったなぁ。ホームページはないですが、店内には地方配送コーナーがしっかり設けられていて、地方配送を希望する人も多そうでした。 お取り寄せしたいという方は、電話注文すればいいと思います。多分、慣れた対応だと思います。

甘納豆かわむら お取り寄せ・通販情報

住所 921-8031 石川県金沢市野町2丁目24-7
電話 076-244-0042
営業時間 [月~土] 9:00~18:00 [日・祝] 10:00~17:00
定休日 第2・第4日曜
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-お取り寄せスイーツ/和菓子, お土産/ご当地グルメ, 食べ歩き・テイクアウト, その他和菓子, 石川, 石川

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.