惣菜・食材 和風惣菜 洋風惣菜 中華惣菜 北海道

【佃善(つくぜん) じゃが豚】北海道物産展でもいつも人気

投稿日:2011年2月20日 更新日:

北海道物産展の常連、佃善のじゃが豚。 私も度々買ってました。そう言えば、最近食べてないなぁ。
北海道をたべよう! 温泉市場でトンデンファー ムのベーコンやウインナーのセットをお取り寄せするついでにじゃが豚も♪送料 無料になりました。

佃善のじゃが豚をお取り寄せしました

物産展の時は、いつも佃善のスペースには人がいっぱい。じゃが豚一個(けっこ うでかい)をまるまる試食できるという太っ腹加減も人が集まる理由だと思いま すが、やっぱりリピーターが多いのでは?と推測します。

かちんこちんに凍ってます(スープ付き)

じゃが豚の生地はじゃがいもから作られているそうですが、多分言われないと食 べてもわからない。じゃがいもの味はしません。

食感が独特。
かなり弾力がありもっちもちで餅のようですが、案外キレが良く、つるん、ぷる んとしていて他にはない面白い食感です。これがくせになる!?

もっちり&つるんぷるん

「じゃが豚」という商品名で知れ渡っているし、じゃが豚というカテゴリで存在 していますが、「水餃子」が一番近いかもしれません。

おいしいです~。特に、寒い冬に熱々をいただくのが大好きです。

餃子のあんのようなものが入っています

冷凍保存→冷凍のまま調理できるのもうれしい。
スープは洋風??かと思いきや後味にかつおだしの風味がぽわーんと残る。おい しいけど、不思議な味。一袋を500CCのお湯でのばすのでけっこうな量のスー プができます。キャベツ、トマトなどの具を足して洋風に仕上げても、大根、白 菜などの具で和風にしてもどっちも正解です。

あ、ねぎは必須。ってか今回はねぎオンリーの手抜きでした(汗)

佃善 じゃが豚 お取り寄せ・通販情報


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-惣菜・食材, 和風惣菜, 洋風惣菜, 中華惣菜, 北海道

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.