不思議な弾力と、きめ細かいあんが上品

ようかん 神奈川

北鎌倉お土産 松花堂のあがり羊羹の感想 きめ細かなあん

投稿日:2015年7月18日 更新日:

鎌倉旅行2日目。北鎌倉を散策。
ガイドブックで見つけておいしそうだなぁと思っていた松花堂のあがり羊羮をお土産に買いました。北鎌倉では、円覚寺と建長寺をゆっくり見る予定でいましたが、(ガイドブックの情報によれば・・・・・)人気の羊羮故、早々に売り切れることもあるとのことでしたので、午前中(北鎌倉に着いてすぐ。)に買いに行きました。お店の場所は、JR北鎌倉駅から近いです。


あがり羊羮は要冷蔵だが、1日くらいは持ち歩き可能

あがり羊羮は要冷蔵。

あがり羊羹は要冷蔵だが・・・・

あまりよく調べなかった私が悪いのですが、常温保存だと思い込んでいました。(ちーん。)その日はいい天気すぎるくらいいい天気で、かなり暑い日だったので、買うのをためらっていると店員さんの方から、「1日くらいは常温で持ち歩いても大丈夫ですよ」と声をかけてくださいました。保冷剤を入れてもらって、お家に持ち帰り、その後しっかり冷蔵庫で冷やしていただきましたよん。


あがり羊羹に歴史あり

ちなみにあがり羊羮の「あがり」は、「献上」の意味です。江戸時代尾張徳川家に御用の品として献上された羊羮だったから、あがり羊羮。そこが名前の由来。うーん、想像以上に、さすがなお味でした。

しっかり冷やして食べました

ガイドブックにもホームページにも、あがり羊羹の説明として、「水ようかんと蒸しようかんの中間のようなようかんである」と表現されていました。非常にわかりやすい表現で食べる前から何となくわかった気になっていたのだけど、水ようかんと蒸しようかんの中間がこんなにすばらしいものだとは知らなかった。実際食べてみて、そのおいしさに感動しました。


水ようかんと蒸しようかんの中間のような羊羹って!?

蒸しようかんのようなもっちり感は確かに少しあるけれど、なーんか儚くて、でも水ようかんのようにぷるんぷるんしているわけでもない・・・・・不思議な弾力。

不思議な弾力と、きめ細かいあんが上品

口の中に含めば、ひんやりと、そしてサラサラと・・・・・きめ細かいあんがほどけてゆく・・・・・と同時に控えめで上品、上質な甘みが口の中にふんわりと広がります。いやぁ、おいしい。今まで食べたことのない忘れられない羊羮になりました。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

sakko*

1980年生まれ。石川県金沢市在住。旦那と2人暮らし。昼は、コーヒー屋さんでパートをしています。インターネット通販でお買い物をするのが大好きで、我が家には、毎日のように宅配便が届きます(汗) レビュー記事数は【通販編】http://tu-han-review.com/の分を合わせると1000以上。どの記事も手を抜かず、心を込めて、消費者目線からわかりやすさを心がけて書いてます。 【好きなこと・もの】食べること・コーヒー・お取り寄せ・食べ歩き・パソコン・文章を書くこと・少年マンガ・aikoの音楽・英語のお勉強

-ようかん, 神奈川

Copyright© お取り寄せ白書 | 通販したグルメ・スイーツの口コミレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.